Skip to content

東京から大阪までの移動手段

東京と大阪は出張などで移動される方が多いです。東京から大阪までの移動手段といえばまず、東海道新幹線があります。東海道新幹線はのぞみ号ならば東京駅から新大阪駅まで最高時速285km、最速2時間23分で結ばれています。車内販売の他、無線LANサービス、グリーン車ではおしぼりのサービスもあります。

本数も多いのでビジネスマンには欠かせない手段です。その次は飛行機です。羽田空港から伊丹空港まではフライトは約50分です。値段は少し高めです。

しかしながら、マイレージを貯めている人、航空会社のマイレージサービスの特典で空港のラウンジを使う人もいるのでこちらもビジネスマンには欠かせない手段となっております。また、国内線の機内ではドリンクサービス、機内Wifiサービス、機内販売もあります。高速道路ならば東名高速道路、新東名高速道路、名神高速道路があります。高速バスを使用する場合は9時間かかります。

しかしながら夜遅くに出発し朝早く到着する便もあり、車内で寝ることもできるのでこちらも人気です。また、値段を安く抑えたい学生、若い人には人気です。ところで2045年にはリニアモーターカーが出来るといわれています。実現すれば東京と大阪間が約1時間で結ばれます。

開業したならば、将来は大都市間をまるで通勤電車に乗るような感覚で移動することが出来るので朗報です。近そうで遠かった2つの都市ですがリニアモーターカーによってもっと近くなりそうです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です