Skip to content

東京を発着する高速バス

東京(東京駅や新宿にあるバスターミナルなど)を発着する高速バスは全国各地に路線網を有しており、北は青森・西は福岡といった遠方までカバーしています。日中に向かう便は関東・東北南部・甲信越・東海といったエリアが多く、夜行便になると北陸・東北北部・関西といった8時間以上掛かるエリアの遠方便が大半を占めます。バスの特徴としては、日中便の近距離便は4列シート・長距離便は3列シートになる事が多いので、遠方に向かう場合であっても体の疲れは少なくてストレスもなく過ごせるでしょう。最近の高速バスは、デラックスシートやプライベート空間を広めに取っている関係で定員が20名前後の車両も登場しており、仮眠の質や座っている際の快適性をアップさせているので、翌朝からでも疲れる事無く仕事や用事に向かう事が出来ます。

高速バス移動時におけるトイレの不安に関しては、東京都内を発着する便はほぼ全ての車両にトイレが付いていますので長時間乗車でも問題ありません(一部の臨時便は付いていない事があります)。日中長距離便の場合は1回か2回の休憩を多くの便で取りますので、体を休めるためにも外に出て全身を動かすストレッチをすると良いでしょう。なお、夜間に関しては乗務員交替の停車はあるものの、保安上の問題で外に出られないケースがあるので乗車中はリラックスできるようにスリッパの着用・ふくらはぎの揉みほぐしといった対策を行っておく事も大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です